自動売買FXで楽々トレード

banner

FX自動売買を使ってみよう


FXトレードは大きく分けて、裁量トレードといい個人でトレードをするやり方と、システムトレードと言いコンピュータを通して自動でトレードを行う方法があります。
裁量トレードは、個人知識、経験をもとにトレードを行っていくので楽しさもありますが、勝ち進んでいく事に関しては難しいものとなります。
しかし、システムトレードは、プロトレーダーのノウハウをもとに作られているので、大雑把にいってしまうとFXの知識や経験がなくてもある程度トレードを行えるのです。
しかし、システムトレードでも無知は罪なのです。自動にトレードを行ってくれますが、それは所詮コンピュータです。
トレード自体は勝手に行ってはくれますが、そのトレードで利益が埋めるかは違う話になります。しっかりと現状を把握しなければいけないのです。
裁量トレードを行う場合、まずはデモトレードから始める人は多いと思いますし、それが一番良い流れだといえますが、それはシステムトレードでも同じ事が言えるのではないかと私は思います。
システムトレードでは、為替の変化や経済の変化に応じてコンピュータに指示をだしてあげないといけません。
放置プレーでは、利益がでても後に損が必ずでます。
そのため、為替市場の状況を把握してシステムトレードに指示をだすために、デモトレードを活用するのは良いのではないでしょうか??
デモトレードなら、裁量トレードと同じくリアルで感じる事ができますが、リスクがないので、為替の変動や傾向を感じる事が可能です。
システムトレードばかりに頼りすぎてはFXで利益はうめません。
変わりゆく経済を把握する事はもちろん大切ですが、文で読んだり聞いたりするよりかはデモトレードを行い、肌で感じる事が良いんじゃないかと思います。

FX自動売買と併用する

img1
FXが流行っていますが、ここ最近では裁量トレードでなく自動売買ツールを使ったトレードが流行りだしています。しかし、実際FX自動売買は自動で儲かるものではありません。
たしかに自動にトレード行ってくれますが、変動する為替は感情のないパソコンにとって、決められたルールをひたすら守る事しかできないので、その度自動売買ツールに事らから指示を出してあげないといけないのです。放置でなく、しっかりと管理をしなければ自動売買ソフトはいかせません。
自動売買ソフトをいかに簡易的そして効率よく管理できるかという問題ですが、ここでiPhoneの出番です。
基本、チャートなどはフラッシュを採用しているため、フラッシュの対応していないiOSは不向きと思われがちですが、実は今のスマホは自宅のパソコンを遠隔操作できるのです。
もちろんAndroidでも可能ですが、機能や操作面から遠隔操作をするのであればiPhoneが一番落ち着いていると比べてみて感じました。
これなら、どこにいてもFX自動売買ソフトを管理できます。
情報収集はもちろんのこと、現状のトレードを把握するために、デモトレードを活用している方も多いと思いましが、それがすべて手の平にあるiPhoneで管理が出来るのです。
もちろんパソコンでの管理であれば問題ありませんが、常にパソコンの前にいるわけでもないと思います。
逆に家にいてパソコンがある中でもiPhoneを使って管理をすれば、ソファーでくつろいでいる時も、食事をとっているときでも簡易的にできます。
今後どんどん進化していくスマホですが、長期てきな自動売買の管理ツールとして使うのであれば、iPhoneが効率よく使えていけると思います。

自動売買ロボット

もし、「トレードが面倒」と思っているのであれば、システムトレードを使ってみましょう。
私の場合、トレードの為に毎回10分ほどの時間を使っていましたが、今ではシステムトレードのおかげで2・3分でトレードをできるようになりました。
そして、現在では既にシステムトレードを使っていて、その結果で「もっと面倒を減らしたい」と考えているのであれば、下記のような対応でもっと楽をしてトレードをしてみるのをオススメします。
私たちは貴重な「自由時間」をつぶしてトレードをしているので、システムトレードに慣れておくというのは将来的なトレードを有利に進められると言う事でもあるのです。
自由な時間を大きく開発していくためにも、システムトレードには慣れておいた方が良いでしょう。
1.スタッフに相談
スタッフと言うのはFX業者に常駐しているスタッフの事で、「システムトレードについても理解されている」ケースが多いです。
また、システムトレードと言うのはオリジナルルールでもって通貨ペアごとに設定をチェンジする事まで可能です。
なので、あらかじめ業者の方で用意されているオリジナルルールを教えてもらい、そちらを利用して「トレードの感触」を確かめてみると良いでしょう。
プロの方がシステムトレードについての設定をされていますので、経験者ではどのようにしてトレードをしているのか・・・の参考にもなりますし、きつい部分はレバレッジくらいなので初心者時代はレバレッジを3倍以下にして使ってみるのがオススメです。
2.自動売買ロボットで作成
最終的に「オリジナルルールを作るのも面倒」となられた場合は、市販されている(主にネットで購入できる)自動売買ロボットを購入してみると良いでしょう。
こちらは最初にオリジナルルールをデータから引き出してきて、最適な設定を知らせてくれると言うものなので、ものによってはデータを引き出してシステムトレードを使うだけとなりますので、こちら側でやるべき作業がなくなり楽です。

Copyright(c) 2014 自動売買FXで楽々トレード All Rights Reserved.